NPO法人-ACO・朝日カウンセリング研究会
倫理綱領

朝日カウンセリング研究会は、カウセリングならびにこれに関する学習の機会を提供し、また学習の成果による社会参加を促進する事業を行い、カウンセリングの普及および社会への援助に寄与することを目的としています。そこで、会員各自が問う研究会の設立趣旨を十分に理解し、会員として守るべき基本事項について、倫理綱領として以下のように定めます。

1.社会的信頼の確保
会員は、カウンセリングならびにこれに関する事業を通じて社会に貢献し、健全な諸活動を行うことにより、社会的信頼を確保するよう努カする。

2.法令、基準等の遵守
会員は、法律及び関係諸法令を遵守し、かつ、当研究会において定めた規約、基準、通知等一切の規定類においても、これを遵守する。

3.健全なサービスの遂行
会員は、カウンセリングならびにこれに関する事業を遂行するにあたり、公正な業務を提供することを心掛ける。

4.情報提供の適正化
会員は、自らが提供する内容に関して、依頼者に誤った理解をさせることがないように十分に 注意をはらうとともに、常に正確な情報の提供を心掛ける。

5.教育と研修の向上
会員は、相互に研修を重ね、その資質の向上に努める。同様にスタッフの教育においても常にその資質向上に努める。

6.依頼者情報の守秘
会員は、業務において知りえた依頼者の情報に対しては慎重に取り扱い、第三者に漏洩することのないよう、その管理には充分注意する。

7.会員各自の協調 
会員は相互に協力しつつ、自身の発展及び研究会の推進にあたり、不当な誹膀や中傷をしない。

(C) ACO All Rights Reserved